眼精疲労は対策次第で解決!サプリでスッキリ目元ケア

ブルーベリー

現代病とも言える目の疲れ

果物

目に必要な栄養素

スマートフォンのアプリでのゲームやインターネットサーフィン、さらにはSNSが普及するにつれて、パソコンやスマートフォンのブルーライトと呼ばれる液晶画面を見る時間は増える一方となっています。特に毎日の使用時間が長くなっている若い世代では、慢性的な眼精疲労が取れない人や、近くが見えない、見えにくいという若年性老眼と言える症状を訴える人まで現れるようになっています。それらの対策として有効なのがブルーベリーで、ブルーベリーには目に良いとされているアントシアニンという成分が多く含まれています。ブルーベリーはヨーグルトやジュースにして摂取するのが一般的ですが、より手軽に摂取するにはサプリでブルーベリーに含まれている栄養素を効果的に摂取をするのが良いでしょう。

日常生活の見直しも

ブルーベリーのサプリにはアントシアニンの他にも、カシスやエルダーベリーといった果実から、ビタミンやアントシアニンなどの含有エキスが含まれています。そのためブルーベリーをそのまま食べるよりも、サプリで摂取する方がより手軽に、より効果的に栄養を摂取することができるでしょう。サプリの効果はすぐに現れるわけではなく、効果を得るためには継続的に摂取していくことが必要になります。目の負担を減らすためには、パソコンやスマートフォンの使用時間を減らしたり、長時間使用する時には休憩を挟むなどの対策をするなど、日常生活の根本的な見直しも大切です。目に負担を掛け過ぎない生活をしながら、必要な成分をサプリで補っていくという考え方を持って生活をしましょう。